アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「安藤雅信」のブログ記事

みんなの「安藤雅信」ブログ

タイトル 日 時
癒されるかたち〜長谷川竹次郎さんの河馬
癒されるかたち〜長谷川竹次郎さんの河馬  先月、安藤雅信さんのギャラリー『ギャルリ百草』で催された『長谷川竹次郎の動物園』で私が手に入れたもの。 それが、この銀製のかば。 会津の赤べこのように首をふる姿が、「うん、うん。」と頷いてくれているようで可愛い。 ちょっと疲れたとき、ふと寂しい気持ちになったとき、  「疲れたなあ。」と俯き加減な私にカバは黙って「うん、うん。」と労ってくれているかのようで癒される。 竹次郎さんの手から生まれいづる動物たちには溢れんばかりの生命力と尽きることのない優しさがある。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/10 16:26
渦巻の碗
渦巻の碗  昨日から岐阜県多治見市のギャラリー『ギャルリ百草』で催されている長谷川竹次郎さんの展覧会『竹次郎の動物園』に出かけた私。 何を買ったかは今のところ内緒であるが、今ひとつの目的はギャラリーの主人、安藤雅信さんに以前買った志野の碗を見せようというもの。と、いうのは週末は竹次郎さんが竹次郎さん愛用のお茶碗で、お茶をたててくださるという、「週末茶会」に持参してこれでお茶を振る舞っていただこうという魂胆である。 ともなれば竹次郎さんや安藤さんに多少は「ほうっ。」と感心してもらえるものは何かな。と考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/20 22:04
染付でワインを呑もう
染付でワインを呑もう  先日、ギャルリ百草に行ったときのこと。内田鋼一さんの個展を抜け出した四人がフラフラしているとそこに安藤雅信さんと内田鋼一さんも現れた。「ちょっと散歩に・・・。」結局、みんなで骨董巡り。一通り見た挙げ句、さて帰ろう。と思い外にでるとウィンドの棚の奧にちょっと変わった一対の染付盃が。「う〜ん。」と思案顔の私に安藤さんが、「どうしたの? あ、ちょっと面白いな。」と目敏く見つかってしまう。内田さんも、ああ、「明末清初くらいじゃないのか。」と話に加わる。安藤さんがよいしょ。と懸命に手をのばしてそれをそと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 21:40
奈辺の小物たち
奈辺の小物たち  前にも書いたかもしれないが陶芸家 安藤雅信さんが営むギャルリ百草(ももぐさ)は山の中にある。細い道を文字通り分け入って行くと突然あらわれる大きな田舎屋はそれだけでもう魅力があふれている。 そしてそんな別天地で催される陶芸家 内田鋼一さんの個展は、考えただけでわくわくしてしまう。いよいよ始まった2日目、気のおけない仲間同士で百草を訪れ、挨拶もそこそこに品物を見て廻る。内田さんの作品の多くは初日にほとんど売れてしまい、今日、補充したという作品を思い思いに手に取っては気に入った作品を握り締めて買い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/15 21:47
飯碗あれこれ〜食を楽しむ
飯碗あれこれ〜食を楽しむ あたりまえのことではあるが人はみな飯を喰う。私はどんな茶碗で何を喰うかということにこだわりたい。物心ついた頃、母親に「はい、これがあなたの茶碗ね。」と初めて与えられたのはアニメ『アライグマ ラスカル』のついたキャラクターものであった。結構、何年も使ってプリントは剥げ落ち、いつしかどこかへ行ってしまった。十数年たって骨董に興味を持ちはじめ、何を集めようかと考えたとき、自分で使って楽しいものが良い。と思った。そんな私が初めて買った骨董は瀬戸の石皿である。最近はあまり見かけないが、幕末頃の型紙で模様の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/17 01:42
モノを楽しむ〜陶芸家 内田鋼一さんの目 18世紀 ガラス小瓶茶入
モノを楽しむ〜陶芸家 内田鋼一さんの目 18世紀 ガラス小瓶茶入 先日、訪れたギャルリ百草で、内田鋼一さんや金工家 長谷川一望齋(竹次郎)さん、長谷川真美さんたちの茶箱の展覧会が催されていた。各々が思い思いに茶箱の中の道具を作り、取り合わせるという面白い内容である。茶箱という限られた空間に技巧と志向が凝らされ各人の美意識が光っている。そんななかで内田さんの茶箱のなかに茶入として組まれていたガラスの小瓶のツレがコレ。18世紀、フランスのガラスの小瓶である。内田鋼一さんが「このガラスの中で(抹)茶のグリーンが鮮やかに映えて綺麗なんだ。コレが。」と何気なく宣う。その... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/16 23:52
酒器のコレクション〜その19 安藤雅信さんの目 古唐津蝦文平盃
酒器のコレクション〜その19 安藤雅信さんの目 古唐津蝦文平盃 先日訪れたギャルリ百草には安藤雅信さんが集めた骨董品もいくつか並べられていた。そのなかでコレは面白いと手に入れたのがこの盃。古唐津蝦(えび)文の平盃である。もともとは小皿として造られたものだろうか。口縁をいわゆる口紅(鉄釉)で縁取られた皿のなかにまるで噛み切り虫かと見紛うようなへんてこりんな蝦が一匹、両手(鋏)を持ち上げている。時代は桃山というより江戸時代初期くらいか。当時としては斬新なコミカルなデザインに、これを取り上げた安藤さんの「これなんか、おもしろいな。」という感性が光る一品。   <... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/16 21:21

トップへ | みんなの「安藤雅信」ブログ

たかぽんつれづれ日記 安藤雅信のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる