たかぽんつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京骨董小旅行で拾ってきた猫たち

<<   作成日時 : 2011/03/29 19:59   >>

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、所用のついでに久しぶりに東京の骨董屋さんを巡った。
そこで拾った猫たち。

近代の歌人、吉井勇旧蔵と云う黒猫。
小さな皿の真ん中に優雅に座るマダム風。chat de la comtesse.
裏には「日本陶器会社RC Noritake」と緑のヤジロベー印。
いわゆるオールドノリタケの皿。特注品かな。。。

画像


木製の猫の置物。ヴィクトリア朝から1930年代頃までのイギリスうまれ。
後ろ姿に哀愁と強い遺志が・・・?
さっそく書斎の桟の上を根城にしている英国紳士。


 
画像


最後はアンティークショップで見つけた猫のグラス。
そのくせ、アンティークではなく山本一彦さんという作家さんがちょっと古い(20年くらい前の)グラスに息吹を吹き込んだサンドクラスの猫。
一生懸命、ガラスの縁を登ろうとがんばる猫の周りを蝶が舞っている。
どらねこチックなところが飼い主(私)に似ているか。。。
今では晩酌の友。

画像


どれも愛嬌があってお気に入りの骨董動物園の仲間たち。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京骨董小旅行で拾ってきた猫たち たかぽんつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる