石と伝来

先日、名古屋市博物館で開催中の『西本願寺展』を観に行ってきました。この展覧会は近年稀にみるすばらしい内容でした。特に、寺宝の数々のレベルの高さには瞠目しました。(まだ観ておられない方は是非、行かれることをおすすめします。)それはさておき、とくに眼を惹かれたのは盆石『末松山(すえのまつやま)』(おそらく、『百人一首』の清原元輔の歌「契りきな形見に袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは」からの命名なのでしょう。)同形の盆石で同様の銘がついているものを幾つか管見しましたが、さすがは本願寺伝来だけのことはある、、、。実は、私も同じような形の盆石を持っています。(なんでも好きなんですね、これが。)ひそかに『末の松山』と銘命していたのですが、、、。我が家の『末の松山』は今日もタンスの上に鎮座しております。
画像

<たかぽん家伝来?の『末の松山>

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック